日本マイクロソフト、「Microsoft Classic IntelliMouse」を1月25日に発売へ

本日、日本マイクロソフトが、約20年前の1996年に発売した「Microsoft IntelliMouse」の復活版である「Microsoft Classic IntelliMouse」を1月25日に発売することを発表しました。


同製品は先行機種である「Microsoft IntelliMouse 3.0」にインスパイアされたデザインで、長く支持されてきた理由でもあるフォルムや機能はそのままに、最新の機能追加と改善が施されています。

カスタマイズ可能な割り当てボタン、人間工学に基づいたエルゴノミクスデザイン、そして有線USB接続などは「昔から変わらない機能」として受け継ぎつつ、一方で「ガラスや鏡面でも使用可能な Bluetrack テクノロジー」や「変更可能な解像度(400~3200dpi)」などのMicrosoftが持つ最新テクノロジーの搭載により操作性が強化されています。

価格は4,300円(税別)で、発売は1月25日からですが、既にAmazonなどで予約受付が開始されています。

ニュースリリース
公式サイト
Amazon


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事