Apple、旧「iPhone」の性能抑制問題によるバッテリー交換費用の値下げ対応を米国で開始

Appleは旧「iPhone」の性能抑制問題でバッテリー交換費用を来年1月下旬より値下げすることを発表していましたが、The Vergeによると、米国では発表よりも早くバッテリー交換費用の値下げが開始されたことが分かりました。

Appleは当初は準備を整えるにはもっと時間が掛かるものと予想していたようですが、予想よりも早く開始出来たことを明らかにしており、公式サポートドキュメントも訂正され、現在は”2018年1月下旬から”の一文が削除されています。

ただ、一部の交換用バッテリーの初期供給量は限られているようです。

なお、日本ではまだサポートドキュメントに変化はなく、”近日中に公式サイトでお知らせする”と案内されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。