Apple、旧「iPhone」の性能抑制問題で日本でもバッテリー交換費用を3,200円に値下げへ

昨日、Appleが旧「iPhone」の性能抑制で謝罪し、バッテリー交換費用を値下げすることを発表していましたが、本日、Appleが日本語版の謝罪文を発表しました。

バッテリー交換費用の値下げについては、日本でも2018年12月まで実施され、保証対象外の「iPhone」のバッテリー交換費用を8,800円から5,600円減額し、3,200円にするとのこと。

なお、対象モデルは「iPhone 6」以降の全てのモデルで、詳細は近日中に公式サイトでお知らせするそうです、

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと

Apple、旧「iPhone」の性能抑制で謝罪 − バッテリー交換費用を値下げへ

10 COMMENTS

匿名

同じiOSのiPad mini2もその価格で交換ならいいのに…

匿名

ユーザーの信頼を回復する起死回生の策はリチウムイオンから次世代バッテリーにAppleが牽引して移行することだな

匿名

リチウムイオンは色々問題あるよね
早く新技術が出てほしい

匿名

次世代の全固体蓄電池はEVから採用が始まるとみられているので
EV含め全固体バッテリーの採用を牽引して欲しいですね

匿名

今月交換したんだけど差額返金してくれませんかねえ〜

匿名

ここのようなAppleファンのブログでまで <旧「iPhone」の性能抑制> って書いちゃいけないと思う。<劣化したバッテリーの性能抑制> ではないんだろか。9割方の記事で、<古いiPhoneで性能を抑制していた>とやっていて、典型的なマスコミが火に油を注いでいる状態ですね。よくないよ〜

匿名

は?
あなた内容理解してます?
劣化したバッテリーの性能抑制は全く筋違いな内容ですよ?
iPhone側が処理能力MAXにした時、
瞬間的に大きい電力を消費、でもバッテリーが劣化してるからその電力要求に応えられずに、(コンピュータでは電圧が不足するのは仕組み上、致命的な作動不良を起こします。)iPhoneが電源ダウン、もしくは再起動するので、処理能力に制限掛けて結果遅くなるってのが今回の問題の原因ですよ?
内容理解もせずにここのブログの作者を煽るなんてみっともない真似がよくできましたね。
バッテリーの性能抑制ってどう制御するんですかね。
意味がわからないです。
日本語的にも。

匿名

ご自身で詳しくかいておられるように、バッテリーが劣化していると処理速度を下げる仕様になっており、バッテリーを交換すれば性能は回復するわけです。
[旧「iPhone」の性能抑制]では、旧機種ならば新品だろうがなんだろうが性能抑制しているように捉えられます。この案件を扱っている記事の多くで、旧機種で性能抑制していたと表現しており、いわゆる〇〇タイマー的なものと理解してしまう人も発生しているようです。そこに危惧を感じたので投稿しました。
文章は、、煽っていますでしょうか?
ギスギスしないように気をつけて書いたつもりでしたが、今後より一層精進します。
ご自身も、少なくともよそさまのブログでは、あまりきつい文章は書かない方が良いと思います。
[旧バッテリーの性能抑制]は確かに意味がわかりませんね。反省。
正確には[古いバッテリーを搭載したiPhoneの性能抑制]でしょうか。

匿名

Apple公式でもiPhone6~7Plusまでと対象機種を指定しているよ。
主因はバッテリー劣化対策であったとしても騒動の原因は別だよ。

現在コメントは受け付けておりません。