LINE、2018年3月を目処に携帯電話(ガラケー)版「LINE」のサービスを終了へ

本日、LINEが、2018年3月を目処に、携帯電話(ガラケー)版「LINE」のサービス提供を終了することを発表しました。

これに伴い、2018年1月中旬以降、新規登録も終了するとのことで、PC版「LINE」で引き続き利用される場合やスマートフォン版「LINE」に引き継いで利用する場合は、サービス提供終了日までに対応を行うよう要請しています。

携帯電話版「LINE」は2011年に提供を開始し、2017年現在、スマートフォンの全国的な普及により携帯電話版「LINE」の利用者数は年々減少しており、2012年11月時点から5年間で94.5%減少しているそうで、今後、スマートフォン版でのより良いサービス提供に集中するため、サービスを中止することを決定したとのこと。

なお、移行方法などの詳細は下記ニュースリリースをご覧下さい。

ニュースリリース

2 COMMENTS

匿名

今に始まった話でも無いけど、
ガラケーも本格的に終焉か・・・

匿名

そもそも昨年の12月にガラゲーは生産終了しています。
ガラゲー用の4Gチップを開発、生産しても利益が見込めないとの事です。
少数派の為に利益にならない事をしても仕方ないですしね。

現在コメントは受け付けておりません。