Apple、iOSとMac向けアプリのユニバーサルアプリ化を検討中か ー 早ければ来年にも実現

Bloombergが、匿名の情報筋の話として、米Appleが早ければ2018年中にもiOSとmacOSのアプリを統合し、ユニバーサルアプリ化するプロジェクトを進めているようだと報じています。

同プロジェクトは、Appleの社内では「Marzipan」というコードネームで呼ばれ、数年にわたって開発が進められており、開発者はiPhone、iPad、Macで稼働する1つのアプリを開発できるようになるとのこと。

なお、現時点では計画はまだ流動的とのことですが、早ければiOSとmacOSの次期メジャーアップデートで公開される可能性があるそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。