Apple、iOSとMac向けアプリのユニバーサルアプリ化を検討中か ー 早ければ来年にも実現

Bloombergが、匿名の情報筋の話として、米Appleが早ければ2018年中にもiOSとmacOSのアプリを統合し、ユニバーサルアプリ化するプロジェクトを進めているようだと報じています。

同プロジェクトは、Appleの社内では「Marzipan」というコードネームで呼ばれ、数年にわたって開発が進められており、開発者はiPhone、iPad、Macで稼働する1つのアプリを開発できるようになるとのこと。

なお、現時点では計画はまだ流動的とのことですが、早ければiOSとmacOSの次期メジャーアップデートで公開される可能性があるそうです。

3 COMMENTS

ABE

Xcodeのシミュレーターで殆どのiOSアプリをMAC上で動かせるし、CPUをどうするかでしょうね。intel互換?Aシリーズ搭載MAC登場でしょうか?楽しみ笑

匿名

できるようになって、すごく便利になるイメージができない
MacBookがコンバーチブルになってデバイスが進化するなら選択肢も増えるけど

匿名

マイクロソフトやグーグルに続いて、アップルもモバイルとPCを統合か。
賛否両論あるけど、やはり今後はこうしたハイブリッドOSになるんだな。
時代の流れ、やはりスマートフォンの影響は思った以上に大きいものだ。

現在コメントは受け付けておりません。