Microsoft、2017年12月のセキュリティ更新プログラムをリリース

本日、Microsoftが、2017年12月のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)を公開しました。

Microsoftnewlogo1500

今月は全部で15件で、深刻度が一番高い「緊急」が13件、2番目に高い「重要」が2件、その次の「警告」が1件となっており、Internet Explorer、Microsoft Edge、Microsoft Windows、Microsoft OfficeおよびMicrosoft Office ServicesおよびWeb Apps、Microsoft Exchange Server、Chakra Coreの製品の脆弱性が修正されます。

なお、各パッチともWindows Updateよりダウンロード及びインストールが可能で、各パッチの詳細はこちら

3 COMMENTS

匿名

いつも思うが、Windowsは更新が多すぎる。
毎月更新、それでも脆弱性はなくならない。
これだけ欠陥あるならゼロから作り直すべき。
マイクロソフトさん自身も大変だろうけれどね。

匿名

その理屈だと、Windowsのみならず流通しているソフトは全て破棄してゼロから作り直さねばならないわけだが。

匿名

エラーで更新失敗ループで狭い帯域を全力で使い切られて困っています。
更新の成功率はどのくらいでしょうか

現在コメントは受け付けておりません。