Apple、「AirMacベースステーション ファームウェア・アップデート 7.6.9/7.7.9」をリリース

本日、Appleが、「AirMacベースステーション ファームウェア・アップデート 7.6.9/7.7.9」をリリースしました。

本アップデートにより、以前に話題になったWi-Fiの暗号化技術である「WPA2」の脆弱性「KRACKs」が修正される他、その他のセキュリティ面での修正が含まれています。

なお、アップデートは「AirMacユーティリティ」アプリから可能です。

AirMac Base Station Firmware Update 7.6.9
AirMac Base Station Firmware Update 7.7.9

1 COMMENT

匿名

スピーカーはもう出る前から死んでるから辞めてAirMacの後継出して欲しい

現在コメントは受け付けておりません。