一部の「iPhone X」で「iOS 11.2」にアップデートした後に「Face ID」が正常に動作しない不具合 − 対処法も

9To5Macなどによると、「iPhone X」を昨日にリリースされた「iOS 11.2」にアップデートした一部のユーザーが、「Face ID」が正常に動作しないと報告していることが分かりました。


「iOS 11.2」にアップデートした後に「このiPhoneではFace IDを有効化出来ません」とのエラーメッセージが表示されるとのことで、対処法はただ再起動を行うだけで良いそうです。

「iPhone X」での再起動の方法は、本体右側面のサイドボタンと左側面の音量調節ボタン(上下どちらでも可)を同時に長押しすると電源をオフにする画面が表示されるようになっており、電源をオフにした後に再度サイドボタンを長押しして起動出来ます。

なお、再起動しても「Face ID」が正常に動作しない場合は、Appleのサポートに問い合わせることをオススメします。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事