一部の「iPhone X」で「iOS 11.2」にアップデートした後に「Face ID」が正常に動作しない不具合 − 対処法も

9To5Macなどによると、「iPhone X」を昨日にリリースされた「iOS 11.2」にアップデートした一部のユーザーが、「Face ID」が正常に動作しないと報告していることが分かりました。

「iOS 11.2」にアップデートした後に「このiPhoneではFace IDを有効化出来ません」とのエラーメッセージが表示されるとのことで、対処法はただ再起動を行うだけで良いそうです。

「iPhone X」での再起動の方法は、本体右側面のサイドボタンと左側面の音量調節ボタン(上下どちらでも可)を同時に長押しすると電源をオフにする画面が表示されるようになっており、電源をオフにした後に再度サイドボタンを長押しして起動出来ます。

なお、再起動しても「Face ID」が正常に動作しない場合は、Appleのサポートに問い合わせることをオススメします。

9 COMMENTS

匿名

ほんと、最近のアップルは
何やってんだか。
終わりじゃね?

匿名

今年はやらかし多すぎw
でも、日本人は情弱多いからまだiphoneの時代は続くだろうなあ。
iphone税でも導入されれば息の根止まるだろうがw

匿名

まあAndroidが勢いを失ったからこんなやっつけ仕事になった部分もあるけどな
以前はベンチでも張り合ってたのに、今や海外でも安物中華のそれなりスペックしか売れない。
SIMフリー中華端末でも買って運用すれば安く済むのにそうしないんだから税なんかかけても無意味。

匿名

流石に税金掛かっちゃうと買うやついなくなると思うよ。
そんな状態で買うほど価値ないし。
まあ、あり得ない過程だけどね今のところ。

匿名

さ、再起動するだけでいいならごく軽微な問題だな…(感覚麻痺)

匿名

突貫で出したから想定の範囲内だし、どうせx.x.1リリースで直るから(震え声)

匿名

アップルのマイクロソフト化がひどいな。
品質落ち過ぎだと思うけどね。
まぁWindows PCしか使ってないが。

匿名

携帯電話もってないのね。
なのに、わざわざコメント書きにくるの?

現在コメントは受け付けておりません。