Microsoft、ARMベースの新型「Surface」を計画か?? − 求人情報からの推測

Microsoftは過去にARMプロセッサを搭載した「Surface RT」と「Surface 2」を販売していましたが、同社が最近行った人材募集からARMプロセッサを搭載した新型「Surface」を開発している可能性が浮上しました。


同社の求人情報によると、同社はWi-Fi 802.11規格に精通した無線関連のエンジニアを募集しており、スキルの1つとしてQualcommがまもなく発表する新型チップ「Snapdragon 845」及びIntel製チップセットでLTEに関するテストを行った経験を要求しています。
(Qualcommは12月6日に基調講演を開催し、「Snapdragon 845」を発表するとみられています)

また、勤務先は同社が「Surface」を含むハードウェア関連の開発を行う多くの従業員が使用する建物「building 85」となっている他、半年に4〜6回は中国の蘇州にある工場「JDM1」に出張することが条件として挙げられており、この「JDM1」はPegatronの工場で、「Surface」や「Xbox」を製造しています。

これらのことからMicrosoftがARMプロセッサを搭載した新型の「Surface」デバイスを開発しているのではないかと予想されています。

年内にはARM版「Windows 10」に対応したデバイスがサードパーティのパートナー企業から発売される予定ですが、Microsoftも独自にARM版「Windows 10」を搭載した「Surface」を開発しているのかもしれません。


[via The Verge

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事