Apple、2018年に約3万円の安価な「iPad 9.7インチ」を発売か

本日、DigiTimesが、サプライヤーからの情報として、Appleは2018年に約259ドル(約29,000円)の安価な新しい「iPad 9.7インチ」の発売を検討しているようだと報じています。

その新しい「iPad 9.7インチ」は2018年第2四半期(4〜6月)に発売される可能性があり、生産はCompal Electronicsが請け負うものとみられています。

現行の「iPad 9.7インチ」は37,800円からとなっており、新型モデルではなく、単なる現行モデルの値下げという可能性もありそうな気がしますが…。

10 COMMENTS

匿名

あの今の9.7インチから更に価格もスペックもダウンさせるよりは単に値下げだと思うよなあ
それより個人的にはiPad miniも業務用と教育向けで需要がまだあるから9.7インチと似たコンセプトで一応後継を出すべきだと感じる

名無しさん

低価格戦略?それとも高機能機を別に出すのか?

全画面のiPadXとか? 持ちにくそうzzz

匿名

32GB、Wi-Fiモデルが29,800円といったところだろうか?
これなら児童一人に一台iPadが実現してもおかしくないな。
企業もペーパーレス会議のために大量導入しそう。

匿名

ヨドバシの福箱申し込んだけど、この時期にこんな記事出ると当たっても買うのためらうなあ。当たんないだろうけど。

匿名

iPad miniの後継機は?
最近のappleは欲しいものを作ってくれない。

匿名

音楽再生にフォーカスしたiPod touchとかiPad miniの後継モデルのことも忘れないでください…
せっかくApple MusicとかやってるのだからiPhone以外でも音楽聞かせてほしい

現在コメントは受け付けておりません。