「iMac Pro」は「A10 Fusion」プロセッサを搭載か − 「Hey Siri」が利用可能に??

「MacBook Pro」のTouch BarにはARMベースの「Apple T1」プロセッサとwatchOSベースの「BridgeOS」が搭載されているのですが、この「BridgeOS」の新しいバージョンから「iMac Pro」に「A10 Fusion」プロセッサが搭載される可能性があることが分かりました。

「BridgeOS」の新しいバージョンを開発者のJonathan Levin氏やSteve Troughton-Smith氏が調査した結果、来月発売予定の「iMac Pro」には「BridgeOS 2.1」が搭載され、更に「iPhone 7」に搭載されている「A10 Fusion」プロセッサと512MBのRAMが搭載されることが分かったそうです。

「BridgeOS 2.1」はmacOSの起動とセキュリティ面をコントロールする為に使用され、本当に「A10 Fusion」チップが搭載されるとなると、Macとしては初めて「A」シリーズプロセッサが搭載され、電源が切れていても「Hey Siri」などの機能が利用可能になるのではないかと予想しています。
(MacでHey Siriが利用可能になることは既に確認されています。別記事参照

[via 9To5Mac, Appleちゃんねる

スポンサーリンク