Microsoft、「Windows 10 version 1511」の一部エディションのサポートを6ヶ月延長

本日、米Microsoftが、先月にサポートを終了したはずの「Windows 10 version 1511」のサポート期間を延長したことが分かりました。


「Windows 10 version 1511」のサポート期間は先月10月10日をもって終了すると案内されていましたが、6ヶ月間延長され、2018年4月までサポートを継続するとのこと。

ただ、対象となるのは「Windows 10 Education」もしくは「Windows 10 Enterprise」を利用するユーザーのみで、一般ユーザーは発表通り先月でサポートが終了している為、最新バージョンへのアップデートをオススメします。

これにより、現在は「November Update(version 1511)」、「Anniversary Update(version 1607)」、「Creators Update(version 1703)」、「Fall Creators Update(version 1709)」の4つのバージョンが同時にサポートされている状況で、「version 1607」は2018年3月、「Creators Update(version 1703)」は2018年9月にセキュリティパッチの配信が終了する予定で、今回、「version 1511」が延長されたことから、「1607」と「1703」の各バージョンも延長される可能性がありそうです。


[via Microsoft, Neowin

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で