来年発売の次期「iPhone」シリーズは5.8インチ/6.1インチ/6.5インチの3モデル構成に??

MacRumorsによると、Apple関連の情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、2018年に発売される次期「iPhone」シリーズでは新たに6.1インチと6.5インチの2つの新しいモデルが追加され、計3モデルでの展開になると報告しています。


次期「iPhone」シリーズでは、「iPhone X」と同じ5.8インチのモデルに加え、新たに6.1インチと6.5インチのモデルが追加されるものとみられており、6.1インチモデルは通常の液晶ディスプレイを搭載し、649ドル〜749ドルの価格帯でローエンド及びミッドレンジの市場をターゲットとしたモデルになるそうです。

また、6.5インチモデルについては有機ELディスプレイを搭載した「Plus」シリーズの後継モデルになるとみられており、全てのモデルが「iPhone X」のようなベゼルレスデザインを採用し、TrueDepthカメラシステムを搭載するとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事