米Apple、早ければ2020年にARヘッドセットを発売か − 新OSの「rOS」を搭載

本日、Bloombergが、匿名の情報筋の話として、米AppleはAR(拡張現実)機能を搭載したヘッドセットを早ければ2020年に発売する計画のようだと報じています。


そのデバイスの開発は数百名のエンジニアが所属するチームが担当しており、そのチームは「T288」というコードネームで呼ばれている複数のハードウェア及びソフトウェアの開発プロジェクトに取り組んでいるそうです。

また、そのデバイスはディスプレイと新しいチップを搭載し、OSには「iOS」がベースの「rOS(Reality OS)」と呼ばれる新しいOSを搭載するようです。

更に、iPhone、Apple Watch、Apple TV、Macのようにユーザーがコンテンツをダウンロード出来る「rOS」向けのApp Storeも用意される可能性がある他、現時点で開発チームは実際に動作するARヘッドセットを持っていないことから、HTC製のVRヘッドセット「HTC Vive」でテストを行っているそうです。

また他にも、iPhoneの画面やカメラ、チップセットを採用した「Oculus Gear」似のヘッドセットも開発しているようですが、同デバイスを発売する予定はなく、来年にARアプリをテストするために社内で利用すること為のようです。

なお、AppleはAR機能をより簡単にiPhoneに取り込めるようにしたいとも考えており、2018年に「ARKit」ソフトウェアツールの新しいバージョンをリリースする予定とのこと。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事