Apple、「Final Cut Pro 10.4」を発表 ー 年内にリリースへ

9To5Macによると、米カリフォルニア州クパチーノで「Final Cut Pro X Creative Summit」というイベントが本日より開催されており、そのイベントで「Final Cut Pro X」の次期バージョンである「Final Cut Pro 10.4」が発表された事が分かりました。

「Final Cut Pro 10.4」の特徴は下記の通りで、現時点で詳細なリリース日は明らかにされていないものの、年内にリリースされる予定とのこと。

・VRワークフローのサポート
・HDRワークフローのサポート
・カラーツールの再設計と強化
・カラーホイール
・ホワイトバランスピッカー
・内蔵LUT(ルックアップテーブル)のサポート
・iOS版iMovieのタイムラインの直接インポートに対応

Final Cut Pro
価格: ¥34,800

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。