米Microsoft、新型マウス「Surface Precision Mouse」を発表

本日、米Microsoftが、新しいマウス「Surface Precision Mouse」を発表しました。

「Surface Precision Mouse」は、プロフェッショナルユーザー向けの新しいマウスで、ロジクールの「MX Master S2」に似た形状が特徴となっており、プログラムの起動、ドキュメントの保存、マクロの実行などの作業に利用出来る3つのカスタマイズ可能なボタンが搭載されており、最大3台のPCにペアリングする事も可能で、簡単に切り替えて使用することが可能。

また、バッテリーはリチウムイオン電池を内蔵した充電式となっており、ワイヤレスの他、USBケーブルを利用して有線で利用することも可能です。

なお、同マウスは北米では11月9日より予約受付が開始され、11月16日に発売される予定で、価格は99.99ドルとなっており、日本での発売は未定です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。