AmazonとGoogleに続き、ソニーも年内にスマートスピーカーを国内向けに発売へ

本日、Googleが日本でもスマートスピーカー「Google Home」を発売することを発表しましたが、NHKニュースによると、ソニーも12月に国内でスマートスピーカーを発売することが分かりました。

(画像はソニーが海外で発売する「LF-S50G」)


関係者の話によると、ソニーは日本語で操作する国内向けのスマートスピーカーを今年12月に発売する方針を固めたそうです。

また、ソニーの製品は、音声を認識する技術にGoogleの人工知能を採用して開発コストを抑える一方で、音楽などを再生する音質にこだわり、声だけでなく手をかざす方法でも操作できるようにして他社との違いを打ち出すそうです。

Amazonも年内にスマートスピーカー「Echo」を国内で発売することを発表しており、年末商戦に合わせて様々なスマートスピーカーが出揃う形になります。


[via IT速報

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事