Apple、「Siri」と「Spotlight」の検索エンジンをMicrosoft BingからGoogleに変更

TechCrunchによると、Appleが、「macOS」のSpotlightと「iOS」のSiriでウェブ検索を行う際の検索エンジンをMicrosoftの「Bing」からGoogleに変更した事が分かりました。


「Bing」は2013年からSiriのウェブ検索で採用されてきましたが、本日より順次Googleに変更されており、本日中には全てのユーザーで変更が実施されるとのこと。

なお、同社のウェブブラウザ「Safari」ではデフォルトの検索エンジンにGoogleが採用されていますが、Appleは今回の変更について、「Safari」の検索結果と一貫性を持たせる為であることを明らかにしています。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事