Apple、教師向けのアシスタントアプリの最新版「クラスルーム 2.1」をリリース

本日、Appleが、「iPad」向けの「クラスルーム」アプリをアップデートし、最新版のバージョン2.1の配信を開始しました。

th_ss 2016-03-22 9.41.24
同アプリは、教師向けのアシスタントアプリで、生徒全員のアプリケーションを同時に開いて、生徒たちがデバイス上で見ているものをコントロールしたり、生徒がワークシートや数式に取り組んでいる様子を知りたい時は、教室にあるどの画面でもワンタップで見る事が可能となっています。

今バージョンでは、各クラスのセッションの終わりに、生徒のAppアクティビティの概要と共有中の受信ボックスを確認できるようになった他、監視対象の生徒のデバイスで教師作成クラスの管理対象クラス動作を構成できるようになりました。

また、iOS 11ではドラッグ&ドロップでURL、書類、イメージなどを生徒やグループと個別に共有できるようになっています。

なお、同アプリは無料で、App Storeよりダウンロード可能です。

クラスルーム
価格:無料 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事