人気のPC向けシステムクリーナーソフト「CCleaner」にマルウェアが仕込まれていた事が明らかに

Windowsで有名なシステムクリーナーソフト「CCleaner」にマルウェアが含まれていた事が分かりました。


マルウエアが含まれていたのは、8月15日から9月12日まで配布された「CCleaner ver5.33.6162」と「CCleaner Cloud ver1.07.3191」で、マルウェアが混入した経緯は調査中の為、改ざんされた経緯や攻撃の出所などは不明です。

マルウェアが混入したバージョンを利用するとユーザー情報の一部が外部サーバーに送信されてしまう恐れがありましたが、開発元のPiriformではマルウエアが通信していたサーバとの接続を遮断し、問題を解決した最新版の提供を開始しており、使用中のユーザーは最新版にアップデートすることで対処可能です。

 ・CCleaner


[via マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事