「iPhone 8」、画面の縦長化とホームインジケーターバーの採用によりキーボードの配列も一部変更へ

本日、「iPhone 8」の分割ステータスバーがどのように表示されるかを紹介しましたが、その後、開発者のSteven Troughton-Smith氏(@stroughtonsmith)が、「iPhone 8」ではキーボードがどのように表示されるかを確認し、そのスクリーンショットを公開しています。


「iPhone 8」はベゼルレスとホームボタンの廃止により画面はより縦長になりますが、キーボードは下記画像のように言語切り替えキーや音声入力キーはキーボードの下部に別途表示されるようになり、その間の空白部分にホームボタンの代わりに搭載されるホームインジケーターバーが表示されるものと予想されます。



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事