【復旧済み】Appleの開発者向けサイトがダウン ー ハッキングが原因の可能性も

今日未明からAppleの開発者向けサイトがダウンしており、その原因がハッキングによるものではないかと話題になっています。


現在も引き続きダウンしており、当初、メンテナンスと思われたのですが、一部の開発者から自身のアカウントの住所がロシアの住所に書き換えられていることが報告されていることから、ハッキングの被害を受けてダウンしているのではないかとみられています。


ちょっと気になりますが、現時点でAppleからは何も公式発表はなく、また何か新しい情報があればお伝えします。

【追記】
Apple Insiderによると、真相は不明なものの、Appleは「メンテナンスのため、一部のサービスが利用できない」と述べているそうです。

【追記2】
その後、復旧しましたが、何が原因だったかは分かっていません。

[via 9To5Mac, MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事