「iPhone 8」のロジックボードの解説映像

GeekBarが、「iPhone 8」のロジックボード(基板)を分析した解説映像を公開しています。


「iPhone 8」のロジックボードはAPとBBの2層式で2枚に分かれており、AP側にはCPUやフラッシュメモリ、電力関係のチップなどが搭載され、BBにはモデム、RFトランシーバ、RF増幅器、アンテナスイッチなどが搭載され、SIMカードスロットを挟み込むような形で搭載されるようです。

また、映像では前面上部に設置される顔認証機能「Face ID」の各種センサーの位置なども解説されています。


なお、動画は環境によっては読み込みが遅い場合がある他、中国語となっていますが、良かったらご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事