Apple、自動運転車の公道テストに新型車両を導入

Appleは自動運転車の開発を進めており、今年4月から「Lexus RX450h SUV」を用いた公道でのテスト走行を行っていますが、MacRumorsによると、そのテスト車の新型車両が目撃されたことが分かりました。


テスト車両が目撃されたのは、Appleのオフィスがあるカリフォルニア州サニーベールで、車両は「Lexus RX450h SUV」の2016年もしくは2017年モデルで4月に目撃された2015年モデルより1つ新しいモデルが使用されており、上に積んでいる「LIDAR(ライダー)」と呼ばれるレーザーを用いて周囲の物体の位置関係を把握する装置も新しい物が採用されています。

他にも様々なセンサーが取り付けられているのですが、これらのシステムを使用して毎秒に膨大な量のデータを収集し、独自のソフトウェアで処理して車を運転する仕組みとなっています。


なお、MacRumorsには上記以外にも多数の写真が掲載されているので、是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事