NTTドコモ、9月1日から「シェアパック」で回線ごとに通信量の上限を設定可能に

本日、NTTドコモが、家族向けパケットパック「シェアパック」において、9月1日より回線ごとに通信容量の上限を設定できるようになることを発表しました。


9月1日からは「シェアパック」で回線ごとに1GB単位で上限通信容量を設定できるようになり、設定した上限に到達した回線は当月末まて速度制限がかかり、その他の回線は設定した上限容量あるいはシェアパックの上限容量に到達しない限り速度制限はかからない仕組みとなっています。

これにより子供など、家族の誰かが大量に通信したせいで家族全員に通信制限がかかることを回避出来ます。


また同時に、「シェアパック分割請求オプション」において、指定回線にのみ等分請求できるようにもなります。

なお、詳細は下記リンク先をご覧下さい。

 ・公式サイト


[via ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事