次期「Apple Watch」がLTE通信に対応することを示すヒントが見つかる

昨日、次期「Apple Watch」はLTE通信に対応するとの情報がありましたが、ここ数日様々な情報が見つかっている「HomePod」のファームウェアから次期「Apple Watch」がLTEに対応することを示唆する記述が見つかったことが分かりました。


まず、「Apple Watch」のコードネームは「Gizmo」と言われているのですが、ファームウェアの中にその「Gizmo」と共にSIMやセルラー通信に対応することを示唆する記述「GizmoPreservingeSIM」や「GizmoRadioBundleIdentifier」が見つかっています。

なお、次期「Apple Watch」はデザインも刷新されるとの情報もあり、年内に発売されるとみられています。


[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事