来年リリース予定の「Unicode 11.0」では67種類の新しい絵文字が登場へ ー 「うんこマーク」の新バージョンも

ユニコードコンソーシアムのマーク・デイビス氏が、2018年中頃に正式リリース予定の「Unicode 11.0」で67種類の新しい絵文字を追加する予定であることを明らかにしました。

あくまで現時点ではドラフト案の候補が公開されただけなので、今後の調整により増減があると思いますが、現時点で明らかになっている新絵文字は、不機嫌そうな顔つきの「うんこマーク」(上記画像右)に始まり、カンガルー、ほうき、ベーグル、消化器、ラマ、カバ、孔雀、オウム、マンゴー、蚊、微生物、ソフトボール、ラクロス、テディベア、コンパス、試験管などとなっています。

最終候補のリストは今年10月に予定されている会議で決定される予定で、「Unicode 11.0」自体は2018年中頃に正式にリリース予定の為、これらの新絵文字をユーザーが使えるようになるのは来年後半になるものと予想されます。

なお、「Unicode 11.0」に追加予定の絵文字のリストはEmojipediaで閲覧可能です。

[via Emojipedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。