「Windows 10 build 16251」で搭載されたスマホとのリンク機能がiOSでも利用可能に ー iOS向け「Continue on PC」アプリ配信開始

先日リリースされた「Windows 10 build 16251」ではAndroid端末との連携機能が提供されましたが、同様の機能がiOS端末でも利用可能になりました。

MicrosoftはiOS向けに「Continue on PC」アプリをリリースしており、同アプリを利用することでiOS端末で閲覧中のウェブページの続きをPCでそのまま閲覧可能になります。
(iOSとMac間のHandoff機能のようなもの)

現在のところ、同機能はWindows Insider Programの登録ユーザー向けに提供されている「Windows 10 build 16251」でのみ利用可能で、今年9月にリリース予定の「Windows 10 Fall Creators Update」で全てのユーザーが利用可能になります。

なお、「Continue on PC」アプリは無料ですが、現在のところ英語のみのサポートとなっています。

8 COMMENTS

匿名

こういうのは要らん。
MSは投げ捨ててるWindowsPhone系統を少しは真面目に扱った方がいいんじゃないか?

匿名

いちいち専用アプリが必要な時点でそれは無い

匿名

ウェブページの続きを見るだけじゃあ連携としては物足りなさすぎで、もっと色々できるようになってほしい

匿名

個人的は結構期待してる。
実際に使うまでは批判も評価もできない。

匿名

Macだと、iPhone側のアプリはSafariはおろかChromeでさえも開けるからなぁ
しかもMac側は当たり前だけどデフォブラウザをChromeでも何でも指定できるし

iPhone側が専用アプリからのみ、というのがネックだけど、まぁこういうの出るだけまだマシだよな
MSもスマホOSはピンチという認識なのだろうか

現在コメントは受け付けておりません。