次期「iPhone」シリーズに搭載される「A11」プロセッサの詳細やベンチマークスコアが明らかに??

Ice universe(@UniverseIce)という人物が、次期「iPhone」シリーズに搭載される「A11」プロセッサの動作周波数は最大3.0GHzで、「Heterogeneous Multi-Processing(異種混交構成のCPUコア)」を採用すると報告しています。

「Heterogeneous Multi-Processing」とは、高性能だが消費電力が大きなCPUコアと低消費電力のCPUコアを組み合わせ、作業負荷に応じてCPUコアを切り換える方式で、「iPhone 7」シリーズに搭載されている「A10 Fusion」プロセッサも同様の仕組みが採用されている事から、「A11」でも同様の仕組みが採用される事はほぼ確実と思われます。

また、同氏は、「A11」プロセッサの「Geekbench 4」でのベンチマークスコアとされる情報も公開しており、シングルコアが4300〜4600、マルチコアが7000〜8500になると報告しています。

参考までに、「iPhone 7」シリーズの「A10 Fusion」プロセッサのベンチマークスコアはシングルコアで3400、マルチコアで5500ほど、「iPad Pro」シリーズの「A10X Fusion」プロセッサはシングルコアで3800、マルチコアで9100ほどとなっており、両プロセッサとも動作周波数は最大2.3GHzになります。

なお、同氏はAndroid搭載端末系のリーク情報を流している人物ですが、今回の情報をどういった経緯で入手したのかは不明で、情報がどこまで正しいのか分かりませんが、歴代プロセッサの「Geekbench 4」でのベンチマークスコアの推移を見る限り、妥当な数字なのかもしれません。

  シングルコア マルチコア
A11(iPhone 7s/8) 4300〜4600 7000〜8500
A10 Fusion(iPhone 7) 3400 5500
A9(iPhone 6s) 2300 4000
A8(iPhone 6) 1400 2400

[Thanks! Hさん]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。