日本通信、ソフトバンクのSIMロック「iPad」ユーザー向けプリペイド格安SIMを発売へ

本日、日本通信が、ソフトバンクのSIMロックされた「iPad(Wi-Fi + Cellularモデル)」を利用中またはお持ちのユーザー向けに、格安SIMを気軽に試すことができる「b-mobile S プリペイド」を2017年7月7日より発売することを発表しました。

ドコモのSIMロックがかかった「iPad」は格安SIMで利用できたものの、ソフトバンクのSIMロックがかかった「iPad」はこれまで格安SIMで利用する選択肢が閉ざされていましたが、これによりソフトバンクのSIMロックがかかった「iPad」でもプリペイド格安SIMが利用可能になります。

「b-mobile S プリペイド」は、あらかじめデータ量が含まれたプリペイド商品で、パッケージにはソフトバンクネットワーク対応のSIMカードが入っており、1GB(有効期間:15日間)まで使える980円と、7GB(有効期間:25日間)で2,980円の2種類が用意されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。