Apple、米国の国立公園を支援するキャンペーンを発表

米Appleが、現地時間の7月1日から15日にかけ、米国の国立公園を支援するキャンペーンを実施することを発表しました。


キャンペーン期間中に米国の直営店や公式オンラインストアでApple Payを使って商品を購入すると1ドルが国立公園財団に寄付されます。

また、7月15日には「Apple Watch」のアクティビティのランニング、ウォーキング、車椅子で5.6kmの距離を達成すると、下記画像のような専用のバッジとiMessage用ステッカーが貰えます。



[via Apple Insider

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事