Twitter、iOS向け公式アプリのユーザーインターフェイスの刷新を発表

本日、Twitterが、iOS向け公式アプリの新しいユーザーインターフェイスを発表しました。


新しいデザインでは、新たに搭載されるサイドナビゲーションメニューで、プロフィール、アカウント、設定、プライバシーに素早くアクセスできるようになる他、ヘッドラインがより目立つようになり、アプリ全体が丸みを帯びたデザインになるため、重要なことを見分けやすくなるそうです。

また、記事やウェブサイトのリンクがSafariのアプリ内ビューアーで開くようになる他、アカウントの切り替えが簡単になり、読書モードを使うことが出来るようになるとのこと。

更に、返信、リツイート、いいねがあるとツイートがすぐに更新され、会話をリアルタイムで確認できるようになる他、アイコンのデザインの刷新やアクセシビリティの設定が目立つ場所に配置されるようになります。

なお、この新しいデザインは今後数日から数週間かけて順次展開される予定で、一部の変更はiOS向け公式アプリだけでなく、ウェブ版やAndroid版、TweetDeck、Twitter Liteでも実施されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事