「iPad Pro 10.5インチ」の各種ベンチマークスコアが明らかに

ベンチマークアプリ「Antutu」を提供するAntutuが、先日に発表された「iPad Pro 10.5インチ」に搭載されているA10X Fusionプロセッサのベンチマーク結果を公開しています。


A10X Fusionプロセッサの総合スコアは234,082点と、「iPad Pro 9.7インチ」のスコア(約172,000点)の約1.36倍、「iPhone 7 Plus」のスコア(約180,000点)の約1.3倍となっています。


「iPad Pro 10.5インチ」に搭載されているA10X Fusionプロセッサは6コアとなっており、Geekbenchに投稿された同モデルのものとみられるベンチマークスコアでは、シングルコアは3,832点、マルチコアは9,091点で、9.7インチモデル(3022点/5107点)と比べ、シングルコア性能はあまり変わらないものの、マルチコアは2倍近い性能となっています。

また、Geekbenchの情報では、動作周波数は2.36GHzで、RAMは4GBとなっており、もしこれが本当であればRAMの容量も9.7インチモデルに比べて2倍になっています。


[via IT速報, MacRumors

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事