Appleが「WWDC 2017」で明らかにした各種数字のまとめ

本日、Appleが「WWDC 2017」の基調講演を開催しましたが、その基調講演ではAppleの製品やサービスに関する様々な数字も発表されたのでまとめてみました。

発表された各種数字は下記の通りで、去年の「WWDC 2016」の時点でのApp Storeの累計ダウンロード数は1,300億ダウンロードでした。

・登録開発者数は1,600万人(昨年だけで300万人増)
・「WWDC 2017」への参加者は75カ国から5,300人
・「iOS」の顧客満足度は96%
・「iOS 10」の普及率は86%
・「Siri」は21言語と36カ国をサポート
・「iOS」ユーザーは年間1兆枚の写真を撮影
・「Apple Music」の有料会員数は2,700万人
・App Storeには毎週5億人が訪問
・アプリの累計ダウンロード数は1,800億件

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。