図面などのデータを基に3Dプリントで作成された「iPhone 8」のモックアップの映像

図面やモックアップなど、これまでに「iPhone 8」に関する様々な画像が公開されていますが、Cult of Macが、図面とサードパーティ製ケースに基づいて3Dプリントで作成した「iPhone 8」のモックアップの映像を公開しています。

このモックアップの基となったデータは中国のケースメーカーであるYesGoから得たもので、同社のケースは大手アクセサリメーカーのSpeckやOtterboxと同じ工場で生産されており、信頼性は高いと述べています。

本体サイズは143.59×70.94×7.56㎜で、「iPhone 7」の138.3×67.1×7.1㎜よりも一回り大きくなっており、これまでに流出しているデザインと同じく、縦並びになったデュアルレンズカメラや少し大きくなった電源ボタンが特徴となっています。

なお、3Dプリントで作成されたモックアップの映像は過去にUnboxTherapyが公開していますが、今回のはより本物っぽく着色されているので、より分かり易くなっています。

11 COMMENTS

匿名

最近は飽きてきたのか、新製品に興奮しなくなってきた。

匿名

外観に新鮮みがないからじゃない?
6系のままで。

匿名

ベゼルレスもシャープが一番先にやったし、今回サムスンに先行されてるからねえ。新鮮味はもうスマホでは無理じゃない?

匿名

新鮮味がないのもあるけど、6系の筐体はなんか好きになれないな。
iPadみたいにダイヤモンドカット入ってる方がまだ好き。

匿名

むしろダイヤモンドカットダサいから6系にデザイン変えてほしい派だなあ

匿名

ガラス筐体が来て欲しいですね!
なんやかんやで4系統が高級感半端なくて1番良かったです。

匿名

かっこいいけどiPhoneぽくないような…🍎マーク消せばXperiaって言ってもバレなさそう

現在コメントは受け付けておりません。