「iPhone 8」ではTouch IDが本体背面に搭載される事を示唆する新たな資料が流出か

cnBetaによると、「iPhone 8」の筐体の外観検品に関する資料を撮影した写真が流出し、Touch IDが本体背面に搭載される可能性が出てきました。



この画像の出所や本物かどうかは不明ですが、ファイル名には「20170503(2017年5月3日)」と書かれており、比較的新しいデータである事が確認出来ます。

また、これまでの情報では、LEDフラッシュはデュアルレンズカメラの2つのレンズの間に搭載されるとみられてきましたが、今回の資料を見る限り、カメラの下部に搭載される事が分かります。

ただ、この資料が本物かどうかが分からない為、あくまで噂として捉えておいた方が良さそうです。


[via /LEAKS

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事