「iPhone 8」の新たな3Dレンダリング画像 ー 2サイズ展開など新たな情報も

本日、Engadgetが、信頼出来る情報筋から入手したCADデータを基に作成した「iPhone 8」の3Dレンダリング画像を公開しています。


このレンダリング画像の基になったのは、信頼できるアクセサリメーカー関係者から入手したCADデータで、デザイン面ではこれまでのリーク情報通り、背面のデュアルレンズカメラが縦並びになり、レンズの間にLEDフラッシュが搭載されており、バックパネルはガラスが採用されている他、両モデルともワイヤレス充電機能が搭載されるそうです。

また、これまでの噂では「iPhone 8」は5.8インチの1モデルと言われてきましたが、Engadgetは5インチと5.8インチの2モデル構成になると報告しており、公開されたレンダリング画像は5インチモデルとのこと。

更に、フロント側の画像も追加で公開されており、デュアルレンズになったFaceTimeカメラやTouch IDが確認出来ます。


なお、Engadgetには上記以外にも数枚の画像が掲載されているので、是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事