次期「iPhone」はBroadcomの新しいワイヤレス充電チップを搭載か ー Bluetooth 5.0をサポートとの情報も

CNBCによると、JP Morganが、次期「iPhone」にはBroadcomの新しいワイヤレス充電チップが搭載されると報告している事が分かりました。

JP Morganの調査報告では、実際にどのモデルにワイヤレス充電機能が搭載されるかまでは明らかになっていないものの、KGI証券のアナリストであるMing Chi Kuo氏は、過去に「iPhone 8」、「iPhone 7s」、「iPhone 7s Plus」の全てのモデルでワイヤレス充電がサポートされると報告しています。

また、Appleが今年2月にWPC(Wireless Power Consortium)に参加したことから、ワイヤレス充電の規格として「Qi」を採用する可能性が高いとみられているものの、次期「iPhone」がサポートするワイヤレス充電の規格はまだ不明なのが現状ですが、BroadcomはWPCが策定した規格「Qi」と、PMA(Power Matters Alliance)が策定した規格「PMA」の両方をサポートするチップを販売しています。

更に、次期「iPhone」は通信速度と距離が向上したBluetooth 5.0をサポートするとも報告しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。