「Windows 10 S」は既定のウェブブラウザを変更出来ない事が明らかに

昨晩、教育機関向けOS「Windows 10 S」が発表されましたが、同OSは既定のウェブブラウザを変更する事が出来ない事が分かりました。

同OSは既定のウェブブラウザは「Microsoft Edge」に設定されており、Windowsストアから別のサードパーティ製ブラウザをダウンロードする事は可能なものの、あくまでも既定は「Microsoft Edge」になるとのこと。

このことから、.htmファイルを開いたり、メールなどの別アプリでリンクをクリックした場合、必然的に「Microsoft Edge」が起動する事になります。

また、「Microsoft Edge」と「Internet Explorer」の既定の検索プロバイダーも変更出来ない仕様となっており、両ブラウザの検索プロバイダをGoogle検索に変更することは不可能です。

 ・Windows 10 S – FAQ

[via The Verge

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。