Apple、次期「Apple Watch」にマイクロLEDディスプレイを採用か

Appleは以前より台湾の研究開発施設でマイクロLEDディスプレイの開発を行っていると言われていますが、Business Koreaが、次期「Apple Watch」でマイクロLEDディスプレイが採用されるようだと報じています。

Appleは今年の年末に次期「Apple Watch」用のマイクロLEDディスプレイの量産を開始する予定とのこと。

マイクロLEDディスプレイは極小のLEDを用いたディスプレイで、バックライトが不要である事からディスプレイの薄型化が可能な他、広色域化や高精細化、省電力化、軽量化が可能と言われており、次世代「Apple Watch」に同ディスプレイが採用されるとの情報は去年6月にもありました。

なお、Appleは2014年5月にマイクロLED関連技術のベンチャー企業である米LuxVue Technologyを買収し、2015年4月に台湾北部に新型ディスプレイの研究施設を開設しており、同ディスプレイの開発が行われていると言われています。

8 COMMENTS

匿名

これがうまくいけば大型化してiPhoneに搭載かな

匿名

有機ELよりいいのか?何がすごいのか全然わからん。

匿名

焼きつきが起きない、有機ELより寿命が長い等ですね。
有機ELの弱点を克服してる存在になると思います。
また高速応答、視野角が180度近くと広く、回路を組み込める為指紋認証システムを組み込むことも可能らしいです。
なかなか、メリットは多いと思いますよ

匿名

OLEDよりも製造コストが低く、表示が明るく、薄型軽量化が可能で、消費電力も少ない次世代ディスプレイ技術として期待されてる

匿名

ありがとね〜。調べてわかった!液晶でもない有機ELでもない技術なんだね〜。並べるLEDが有機じゃなくて無機ということだね。SONYのCrystal Displayだね。すごいよね。これ、今年発売のApple Watchに搭載されるなら、今年発売の新しいiPhoneには搭載されないのかな。そしたら背面touch IDとかなくなるのにな。

匿名

何を勘違いしたのか知らないけど
ディスプレイにTouchIDを埋め込む技術が難航しているのがこれで解決するわけじゃないぞ。

匿名

埋め込みの確率は上がりそうかのしれませんね。
今年にapple watchni搭載されることはあっても、iPhoneには恐らくないとおもいます。
まずはapple watchのサイズで量産化して安定してからiPhoneに行くと思われます。
新技術に不具合はつきものなのでユーザー数の分母が少ないApple Watchで様子見も有り得そうです。

現在コメントは受け付けておりません。