次期「iPhone」の発売時期、10月もしくは11月にずれ込む可能性も

DigiTimesによると、Economic Daily Newsが、Appleは次期「iPhone」の発売時期を例年の9月から10〜11月に延期する可能性があると報じている事が分かりました。


延期の理由は、曲面有機ELパネルのラミネーションプロセスに関する技術的問題に加え、3Dセンサーシステムの採用と言われており、これらが影響し、発売時期は11月にずれ込む可能性があるとのこと。

2011年発売の「iPhone 5」以降のモデルは全て9月に発売されており、今年も同時期に発売されるものといみられていましたが、10〜11月になる可能性が出てきました。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事