「Unicode 10.0」で追加される予定の絵文字の新たなリストが公開される ー 全部で69種類に

Emojipediaによると、2017年中頃にリリースされる「Unicode 10.0」で新たに追加する絵文字の草案が公開された事が分かりました。

ユニコードコンソーシアムは去年11月にも「Unicode 10.0」で追加予定の51種類の絵文字の候補を公開していましたが、今回公開された草案によると、新たに追加予定の絵文字は69種類となっています。

これらの絵文字は将来的にiOSでも利用可能になると予想されますが、過去の例からすると、恐らく「iOS 11.1」や「iOS 11.2」あたりでサポートされるものと思われます。

なお、Emojipediaでは候補に挙がっている69種類の絵文字のリストが公開されているので、気になる方は是非ご覧ください。

 ・Emojipedia

[via 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。