Apple、2019年までに「iPhone」の全てのモデルに有機ELを採用か

次期「iPhone」シリーズでは一部モデルで有機ELディスプレイが採用されると噂されていますが、韓国のThe Bellが、業界関係筋の話として、Appleは2019年までに「iPhone」シリーズの全てのモデルに有機ELディスプレイを採用する計画のようだと報じています。


これに対し、サムスン電機とInterflexの2社が「iPhone」用のフレキシブルプリント基板の受注に備え、大規模な設備投資に乗り出しているとのこと。

また、Appleは今年発売の次期「iPhone」の一部モデルで有機ELディスプレイを採用する予定で、同モデル向けのディスプレイ用フレキシブルプリント基板はサムスン電機、Interflex、BHの3社から調達する予定ですが、各社の供給割合についてはまだ確定しておらず、本格的に出荷が開始される4〜5月頃にはある程度推測可能になるものとみられています。


[via iDB

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事