Parallels、人気仮想化ソフトの簡易版「Parallels Desktop Lite」をMac App Storeで配信開始

Parallelsが、Mac向け仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop」の簡易版である「Parallels Desktop Lite」をMac App Storeでリリースしました。


Parallels Desktop Lite」は、Linux仮想マシンとOS X仮想マシンをダウンロード及びインストールして実行する場合は無料で利用可能となっており、Windows仮想マシンをインストールして実行する場合のみアプリ内課金(7,400円/年)が必要となっています。

同アプリを使ってMac上で実行出来るOSは下記の通りで、既存の「Parallels Desktop for Mac」ユーザーが「Parallels Desktop Lite」に移行するのは推奨されておらず、注意が必要です。

・Windows 10
・Windows 8
・Windows 7
・Windows Vista
・Windows XP
・Linux
・macOS Sierra 10.12
・OS X El Capitan 10.11
・OS X Yosemite 10.10
・OS X Mavericks 10.9
・OS X Mountain Lion 10.8
・OS X Lion 10.7x

Parallels Desktop Lite
無料
(2017.03.05時点)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事