米大手ディスカウントストアのTargetが「iPhone SE」の在庫をAppleに返却 ー 3月末の発表イベントに何か関係か

先日、Appleは3月末に開催する発表イベントで「iPhone SE」の128GBモデルを発表するかもしれないとの情報がありましたが、MacRumorsによると、米国の大手ディスカウントストアのTargetが、各店舗に対し「iPhone SE」の在庫をAppleに返却するよう指示している事が分かりました。

この事が3月末の発表イベントに関係しているのかは不明なものの、返却対象となっているのは「iPhone SE」のSIMフリー版の全モデルとSprint版の2モデルとなっており、ある匿名の従業員は2016年9月の「iPhone 7」発表前から「iPhone SE」は入荷していなかった事も明らかにしています。

在庫返却の理由としては、売れ行きが悪いことなどが挙げられるものの、128GBモデル追加の噂が関係しているのではないかとも推測されています。

また、16GBと64GBの両モデルの在庫が返却対象となっている事から、新たに32GBと128GBのラインナップになるのでは?といった予測も行われています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。