非正規の業者でディスプレイを修理した「iPhone」、ディスプレイ関連以外であればAppleの保証対象内に

これまで、非正規の修理業者でディスプレイを修理した「iPhone」は、保証期間内であっても保証対象外になってしまっていましたが、今後は非正規の修理業者でディスプレイを修理した場合でも、ディスプレイ以外の問題についてはAppleの保証対象内になる事が分かりました。

Appleは社内でこのことを通達しており、MacRumorsが複数の筋から確かな情報であることを確認したそうです。

このことから、非正規の修理業者でディスプレイを修理した「iPhone」のユーザーが、ディスプレイ以外の部品の修理を希望する場合、保証期間内であればApple StoreやAppleの正規サービスプロバイダで修理を受け付けて貰えます。

なお、この変更が米国とカナダで適用されている事は確認済みであるものの、日本など他の地域でも適用されているのかは未確認とのこと。
(Appleのことなので、恐らく全世界で同時に適用と思われますが…)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。