「Windows 10 build 15042」ではウォーターマークや有効期限が削除されている事が明らかに ー 「Creators Update」の完成間近

本日、Microsoftが、Windows Insider ProgramでFastリングに設定しているユーザーに対し、「Windows 10」と「Windows 10 Mobile」の最新のプレビュー版である「Build 15042/43」の提供を開始しましたが、Neowinによると、デスクトップ版である「Windows 10 build 15042」では画面右下に表示され、ビルドナンバーなどが記載されていたウォーターマークが削除されている事が分かりました。


また同時に、同ビルドでは有効期限も廃止されており、「Creators Update」の完成が近いことを示唆しています。

ただ、まだRTM(製造工程向けリリース)には達しておらず、ビルドのバージョン番号はまだ「Anniversary Update」の”1607″になったままとなっています。

なお、「Creators Update」については、3月末までにRTMに達し、4月にリリースされる予定です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。