Apple、次世代「iPhone」向け有機ELディスプレイの供給で中国の京東方科技集団と交渉中

Appleの次期「iPhone」シリーズでは一部モデルに有機ELディスプでレイが採用されると噂されていますが、本日、ブルームバーグが、事情に詳しい複数の関係者の話として、Appleは「iPhone」の次世代ディスプレイの供給を巡り、中国の京東方科技集団(BOE Technology Group)と協議しているようだと報じています。


Appleは数ヶ月に渡り、京東方科技集団のアクティブマトリクス式有機ELディスプレイのテストを行っており、現在のところ同社をサプライヤーに加えるかどうかは決まっていないようです。

交渉が初期段階であることから次期「iPhone」に同社のディスプレイが採用される可能性は低いものの、京東方科技集団は2018年以降に発売される次世代「iPhone」での採用を期待しているとのこと。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事