次期「iPhone」のハイエンドモデルはガラス製筐体を採用へ - ディスプレイサイズについては情報が錯綜中

Appleの次期「iPhone」シリーズでは従来の4.7インチと5.5インチに加え、5インチもしくは5.8インチの新たなサイズのモデルが追加されると言われていますが、本日、DigiTimesが、Appleは2017年に4.7インチ、5.5インチ、5.8インチの3つのサイズの新型「iPhone」を発売する予定だと報じています。


5.8インチモデルはステンレス製金属フレームを備えた強化ガラス製シャシー(筐体)を採用したハイエンドモデルになる予定で、4.7インチモデルについては従来のアルミ合金製筐体を引き続き採用し、5.5インチモデルについては筐体の素材などはまだ確認されていないとのこと。

強化ガラス製筐体のステンレス製フレームはFoxconn Technologyと米国のJabil Circuitが供給し、アルミ合金製筐体はCatcher Technologyが供給するそうです。

また、5.8インチモデルは有機ELディスプレイを採用する予定で、本体価格は1,000ドルを超えるのではないかとみられています。

このハイエンドモデルについては、様々な情報があり、有機ELディスプレイとガラス製筐体を採用することはどこの情報も同じですが、ディスプレイサイズだけは5インチや5.8インチなどと、情報が錯綜しているようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事