Microsoft、統合開発環境「Visual Studio 2017」を現地時間3月7日に正式リリースへ

本日、Microsoftが、統合開発環境「Visual Studio」の最新版である「Visual Studio 2017」を現地時間の3月7日に正式にリリースすることを発表しました。

「Visual Studio 2017」では、生産性とパフォーマンスの向上、言語機能の強化、モバイル開発機能の強化、クラウドでの開発の合理化などが図られている他、インストーラーが刷新され、セットアップにかかる時間が大幅に短縮されています。

「Visual Studio 2017」については、現在、下記リンク先よりRC(リリース候補版)がダウンロード可能で、「Visual Studio」は1997年2月に最初のバージョンである「Visual Studio 97」がリリースされており(日本語版は1997年5月30日発売)、今月で誕生から20周年を迎えたそうです。

 ・Visual Studio 2017 RC – Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。